フライパンとIHで出来る!コーヒーお手軽自家焙煎入門


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは!
コーヒーアドベンド12日目の記事です。

そしてドメインとwordpressインストールして
半年以上放置されていたこのブログの初記事にもなります(笑)

コーヒーが飲みたいのに焙煎された豆がない!

なんてこと皆さんも経験があるのでは??

そんな皆さんにご紹介したいのが
自宅にあるコーヒーの生豆を使ったお手軽焙煎です。

自宅の壁をぶち抜いて本格的な焙煎機を導入するというのも
魅力的ではあるのですが賃貸の方やお母さんが怖い方は
お手軽にできるフライパン焙煎に挑戦してみては?

準備するもの

・コーヒー生豆
・フライパン
・かき混ぜるもの
・ザル
・扇風機orうちわ

1.生豆を買う

自宅に生豆がないという方はまずは生豆を買いましょう。
「コーヒー 生豆」とかで検索するとネットで買えるサイトが見つかります。
すごい時代になったねぇ。。。

今回はお手軽さ重視ということでAmazonでグァテマラSHBを購入。
Screen Shot 2015-11-12 at 6.12.02 PM

2.ハンドピック

生豆にはカビ豆や虫食い豆などが入ってます。
また、小さすぎる豆や欠けている豆などもあります。
それらを目視で取り除いていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こだわりや生豆の状態にもよるのですが
20%〜40%くらいの豆を外すことになります。

ハンドピックなしでもやってみましたが
比べてみると露骨に味が違いましたね。。。

3.フライパンにぶち込む

いざフライパンに豆をぶち込みましょう!
豆がこぼれないように優しくぶち込みましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

火加減は中火か強火で、木のヘラなので
かき混ぜながら焙煎していきましょう。

かき混ぜるの怠るとフライパンに接してる面が
すぐに焦げてしまいます。

7、8分くらい焙煎を進めるとパチパチと音が出ます。

3.チャフを落とす

必ず必要な作業ではないのですがここでチャフ(薄皮)を落とします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
粗めのザルに豆を入れて高速でチャフをおとしましょう。
コレやっといたほうがキッチンが汚れにくいです。
(とはいえチャフは舞う)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4.お好みの具合まで焙煎

だいたい20分くらいでこんな感じなります。

(もうちょい焙煎したほうがよかったかな・・・)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5.チャフ落とす

再びチャフを落とす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6.冷ます

扇風機かうちわで冷まします。

サーキュレーターの上に乗っけてみると楽でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7.飲む

焙煎したてよりも数日たったほうがおいしいと言いますが、

出来たてホヤホヤを飲むのも気分的には最高です。

はじめてにしては飲むに耐えるものができて一安心です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まとめ

意外とざっくりやってもそれなりに飲める感じになりました。

もちろんプロのロースターさんが焼いたものには敵いませんが
自分で焙煎してみるのも楽しいしコスパ的にもいい感じなので
ぜひぜひ挑戦してみてくださいー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)